ヨガ 不妊治療 効果

ピラティスの不妊治療の効果について

イメージ01ピラティスが不妊治療に関して効果が期待できると言われていますが、その理由には、不妊に陥っている方の多くは子宮内への血液の流れが悪くなっていることによって、子宮の働きが鈍くなり、上手く妊娠出来ない状態になっていることがあります。

 

ピラティスの動きは、腰やお尻太ももといった表面の大きな筋肉の柔軟性を高めて、動かすだけでなく、インナーマッスルや骨盤底筋群といった体の奥深くにある筋肉を効率的に動かしていきます。これらの動きによって、体の奥深くの血流がよくなり、結果として子宮内への血液の流れが良くなって、受胎しやすい体作りに効果が期待できるというのです。それだけでなく、不妊治療によるストレスの軽減効果も期待できます。

 

中々出来ないもどかしさや悔しさ、寂しさから、ストレスとなり、それらが逆に不妊に繋がっていることがありますが、今のありのままの自分を受け入れたり、見つめ直す時間となり、精神的にリラックスした時間を過ごすことで、気分が安定していきます。

 

体と心は繋がっていますから、あまり焦り過ぎたり、イライラしているのも不妊の原因となりますので、気持ちよく体を動かして、心身ともにリラックスし、妊娠しやすい体作りをピラティスで作っていくことが出来るでしょう。