ヨガ 糸通しのポーズ

ヨガの糸通しのポーズの効果について

イメージ01近年大変人気なヨガですが、ポーズによって体に起こる効果は異なってきます。その中でも今回は、糸通しのポーズについて説明します。まず、このポーズの手順は四つん這いの状態からはじめ、上半身の下を通て右腕を左側に伸ばします。右肩を床につけ力を抜き、腰が踵に向かって下がりましたら左手はそのままの位置でも、頭の先のやや右位置の床においても問題ありません。その状態で3回呼吸をし、反対側も同様の動きを繰り返します。

 

糸通しのポーズによって得られる効果は、ウエストのシェイプや首、肩こりの改善、代謝を上げる効果や背骨のゆがみを改善する効果があります。人は歪んでしまうと基礎代謝がどうしても落ちてしまいますが、糸通しのポーズを継続することにより、上半身のゆがみが解消され、さらに血液の流れもよくなり基礎代謝が向上しダイエット効果も期待することができます。
また、安眠効果も期待できるため、気候の変動が激しい春先など1年で自律神経が乱れやすい季節には良質な睡眠がとれます。質のいい睡眠がとれることにより、痩せやすい体を作り、美しい肌を作る事にもつながります。疲労をため込み肌トラブルがある人にも試してもらいたいヨガのポーズです。