ヨガ らくだのポーズ

ヨガのらくだのポーズとは

イメージ01ヨガには様々なポーズが存在し、それぞれのポーズによって身体の色んな部分に良い作用を与えることができます。動物の名前を模したポーズも数多くあり、そのうちの1つがらくだのポーズです。らくだのポーズは、猫背を改善したり、腎臓や消化器官の活性化、さらにバストアップや肩こり解消にも効果があるとされています。

 

らくだのポーズをとるには、まず正座をしてお尻をあげ、足を楽な幅に広げます。足の幅は、肩や腰くらいの幅が楽な幅だといえます。そして両膝でたって骨盤に手をあてるポーズをしてゆっくり呼吸をします。さらに息をゆっくり吸い込みながら、手の親指を外側に向けてそれぞれのかかとを持ちます。

 

手は片方ずつゆっくり動かして持つようにするほうが、負担が少ないです。かかとがつかみにくいときは、つかみやすい方から行います。そして両手でかかとを持ったまま、ゆっくりと息を吐きながら、おへそを前に突き出すようにして状態をゆっくりそらしていきます。倒れないようにするために、手と腹筋の力を意識してバランスをとります。そのまま深い呼吸をして、顎を天井に向けるようにして20〜30秒ほどらくだのポーズをキープすると、腰や肩が少しずつほぐれていきます。